エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
しわ
京丹後にて。
a0006081_1827678.jpg

10日はタリンのスーパーでお土産を買って、歩いて港まで行って、大きなフェリーでヘルシンキに行きました。以前、柳原照弘さんのところで働いていて今はヘルシンキ芸大に留学している吉田くんからメールが来て中央駅で会い、30分だけ買い物をし、アアルトが設計したという書店に行き、駅に戻って、バスで空港へ。デジカメをフェリーに忘れてきたらしいことに、書店で気づきました。飛行機の中は、若い女性とおじいちゃんという、ほほえましいけれど謎の、組み合わせの方々が多かったです。12日は美容院に行ってから大学で、大学院のゼミ。13日からの3日間は、京都造形芸大のスクーリング。16日からは次の週のウッドデッキ制作の準備や、AXISの原稿や、出張報告や、学内のギャラリーの改装手配など。19日は昼の新幹線で東京へ行き、下丸子で清水さんに車で拾ってもらい、小平の工房まで行き、日本史展の作品をチェックしました。素晴らしい出来でした。その後は清水さんのオフィスで、写真家の宮原さんからの電話待ち。早朝に日本史展の作品撮影打ち合わせ。山梨までロケに行きます。20日は代官山でオゾン「散歩 - ミナ ペルホネンのリボンプロジェクト」展の会場構成打ち合わせ。そのあと清水さんのオフィスで日本史展カタログ打ち合わせ。そのあと品川駅に行って京都に戻りました。21日は子供と大学に行き、メールをいくつか送って、会田とそばを食べ、バスで京都をまわり、御苑で雨宿りし、再びバスで京都をまわりました。22日からは大学の京丹後キャンパスで毎年恒例のウッドデッキ作り。今年は思いの外順調で、今日の午前中で制作が終わり、明日の夕方まで自由行動となりました。

オゾンのサイトに散歩展の情報が掲載されてます。
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/632.html

dezain.netは忙しさのせいで事務的な更新になって、おそらくあまり面白くないです。すみません。
[PR]
by dezain1 | 2008-09-25 18:52 | Comments(2)
サウナ
a0006081_1543066.jpg

日曜はまず朝食。エストニアでは小魚を酢で締めたものを黒パンにのせて食べる習慣があって、それがエストニア人の「ふるさとの味」です。すごく、すごくおいしいです。以前この料理のことを阿部さんが「エストニアの寿司だ!」と言ったら、地元の新聞社が取材に来て一面に載ったそうです。素朴な国です。朝食後はクラシックマッサージというのをやってもらいました。そして昼から3時間ほど、工繊大の2年生が課題で制作したレポートをもとに、日本の浴室文化について阿部さんとレクチャーをしました。その後、サーレマー島の街のスパ施設をいくつか見学。↓は空気に塩を混ぜて呼吸するスパ。
a0006081_15114987.jpg

昼食をとり、ホテルに戻って、今度は泥状の海藻を身体にすり込むマッサージ。それから、車でスヴェンさん(デザイナー)の別荘に行きました。森の中にある、鍛冶屋さんの家だった古い建物です。
a0006081_15154984.jpg

周囲にまったく人気のない、本当の森の中。19世紀の鍛冶道具が庭にごろごろしています。
a0006081_15181953.jpg

夕食をとってから、スヴェンさんが友達と庭に作ったサウナに入ったり、庭の浴槽の冷水に入ったりしました。サウナの気温は110度で、焼いた石を背中に押しつけられているような痛さで、水ぶくれが出来るかと思いましたができませんでした。今までに体験したことのない汗の出方でした。しかし気持ちいい。
翌日は朝8時集合で、車でタリンまで移動。ホテルにチェックインしてからエストニア芸術アカデミーに行きました。施設を見学しつつ先生方に挨拶し、そしてヘイキ・ゾーヴァ先生にインタビューしました。エストニアのデザインシーンについてアクシスでレポートする予定なので。ソ連時代からペレストロイカ、独立後、デザイナーが何をしてきたか、非常に興味深い話。17:30からレクチャー。これまでにやってきたプロジェクト、主にリボンプロジェクトの紹介と、京都工繊大の紹介をしました。けっきょく台本なしでやる羽目になってしまいました。夜は学長先生が中世のレシピを再現しているというレストランに連れて行ってくださいました。そして、ブックバインディングの先生が旧市街を案内してくれました。
a0006081_15275279.jpg

翌日は朝から建築のユーリ先生が車を手配してくださって、雨の中旧市街から郊外まで、エストニアの建築を案内してくださいました。
a0006081_15312357.jpg

エストニア人は夏の家と冬の家の二つに、季節ごとに移動しながら住んでいたこと、冬の家(がサウナと呼ばれていた)は竪穴式で真ん中に炉があって、夏が終わるとそこに刈ったライ麦を持ち込んで乾燥させたり、とてもクリーンな空間なのでそこで子供を産んだり、死者をいったんそこに入れてから埋葬したり、していたそうです。それがいまのサウナの元だとのこと。そこからサウナ付きの民家が出来、ドイツ人やスウェーデン人やロシア人がそれぞれの建築を持ち込んで旧市街や郊外の別荘地ができ、ソ連時代の集合住宅があり、という感じで現代のタリンが出来たと。昼食をとりながらユーリ先生にもエストニア芸術アカデミーの都市デザインコースについて話を聞き、大学に戻ってテキスタイルのコースを見学し、スヴェンさんとヴィルリさんが経営しているアクエイターというバスタブメーカーでインタビューし、阿部さんを見送り、ホテルに送ってもらい。
今日は少し買い物をして船でヘルシンキに渡り、飛行機で日本に帰ります。
[PR]
by dezain1 | 2008-09-10 15:45 | Comments(0)
バルト海
a0006081_14105347.jpg

5日はホテルをチェックアウトしてハナと待ち合わせてコンストファクに行き、アカマツ先生に施設を案内していただきました。阿部さんも到着して昼食をとり、別のホテル(エリート・パレス・ホテル)にチェックインし、17:30にロビーで待ち合わせて地下鉄でスルッセンに行って、バス停でコンストファクのテキスタイルとセラミックの先生と待ち合わせて、バスで郊外へ。バルト海を見おろすアカマツ先生のご自宅で食事をごちそういただきました。
a0006081_14151592.jpg

海が見える軽井沢みたいなところ。
昨日は12時までホテルで仕事し(森の礼拝堂見られず)、チェックアウトして空港へ行き、エストニア航空でタリン空港まで行き、エストニアのデザイナーの方々など5名に迎えていただいて、自動車で西の港へ。
a0006081_14241148.jpg

そこからフェリーで小さい島に着き、その向こうのサーレマー島まで。
a0006081_14254274.jpg

エストニアの島々はどれも真っ平らです。そこからさらにクルマでサーレマーの南のほうにあるスパホテル(Georg Ots Spa Hotell)まで来ました。夜はホテルのレストランでサラダ、オニオンとセロリのスープ、ラム肉のグリルを食べました。おいしい。そしてエストニア人の面白い話しはとても面白い。今日はエストニアの昔ながらのマッサージなどを体験し、日本の入浴文化を紹介する会をします。
[PR]
by dezain1 | 2008-09-07 14:32 | Comments(2)
うろこ
昨日(4日)は、朝食の後ホテルの近くを散歩しました。丘に登りました。戻って、午前中部屋で仕事をしました。12時ぐらいに、せめてアスプルンドの図書館ぐらいは、と思ってネットで調べたら、さっき登った丘の横にあった茶色い建物がそうだった、ということがわかったので行きました。
a0006081_15123344.jpg

中がとても素晴らしかったです。円筒書棚の上の壁が夕焼けの鱗雲にそっくりでした。図書館のあと、2時間30分ぐらい散歩しました。
a0006081_15153965.jpg

丘の西側の道を南に行って、Bmhusbronという道の橋を渡り、川のような海沿いに中央駅のあたりまで行って、そこから北に歩いてホテルまで。15:00ぐらいにハナ(トネク・ボネット)がホテルまで来てくれて、近くでお昼を食べ、いくつかのギャラリーを案内してもらいました。
a0006081_1518227.jpg

写真はFrank Formというお店で、ハナの作品と、あとリボンプロジェクトのうずボウルも置いてあります。いいお店で良かったです。18:00ぐらいに森山さんとスルッセンという駅の近くで会い、いくつかお店を見て、ハナがクールだという90年代中目黒ふうのカフェ(Stringという名前)に行きました。
a0006081_15261452.jpg

そしてオーレンスというデパートの前で中村先生と待ち合わせて、Halsingborgというレストランで夕食を食べました。すごくおいしかったのですが眠すぎてメインの魚をほとんど食べられず。
a0006081_15304121.jpg

「OKADA」という名前でトイレにタオルが用意されていたことを出る間際に教えてもらいました。使いたかったです。
[PR]
by dezain1 | 2008-09-05 15:33 | Comments(0)
ヘル
ヘルシンキで。
a0006081_13451916.jpg

31日は家族が戻ってきて夜は蕪庵で食事会。1日は夜半まで出張準備。2日は午前中に買い物をして、午後出張の準備。3日は10:45のはるかで関空に行き、14:00の飛行機でヘルシンキ経由、21:00ごろストックホルムに着きました。飛行機は前後の座席間隔が広くて、隣も空席で快適でした。特急と地下鉄でヘルステンというホテルに着いたら目の前に中村潔先生がいました。たまたま向かいの系列ホテルに宿泊中とのこと。すぐに寝て、4:00前ぐらいに目が覚めてメールの送受信やウェブ更新などをしました。今日は少しレクチャーの準備をして観光してハナに会って森山さんと食事をする予定です。
ホテルの部屋。
a0006081_1357444.jpg

ストックホルムで見た方がよいものがあったら教えていただけますととても嬉しいです。
[PR]
by dezain1 | 2008-09-04 14:02 | Comments(3)




Copyright © 1997-2011 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム