エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
四畳半
バーゼルの井伊直弼(大)。
a0006081_19284437.jpg

(C)土田貴宏さんです。現地ではいくつか注文も入りました!
6月前半は会議とゼミと、買い物リストづくりの毎日。10日は満田さんと山家で飲み、13日は山崎井口家の皆さまと自宅で夕食。万城目学(「鴨川ホルモー」の)を読んでいる話をしたら、森見登見彦(「有頂天家族」の)を薦めていただき、さっそく翌日、烏丸御池の大垣書店で「太陽の塔」を買い、ask a giraffeでお昼を食べながら読みました。その後「四畳半神話大系」を読みました。16日は博士ゼミと造形工学概論。1年生にリボンプロジェクトの話を。17日は川勝と打合せ。18日は大学院のデザイナー職能論で、デロールの展示のことなどの話を。それと2年生の実習がはじまりました。19日はその実習の2回目と、3年生のゼミと、学生有志の方々とアロアロで飲み会。21日はradlab.の「a garden / junko awatani」展オープニング。22日は修士のゼミなど。夜から胃が激痛に見まわれ、昨日は家を出られず。今日は4年生のゼミで、夕方に梅林さんと藤脇さんと松村さんが来られました。素っ気ない研究室に、なんとも濃い3人。明日から2泊で東京です。
SCAI THE BATHHOUSEで26日からはじまる展覧会「A House is not A Home」に、永山祐子さんによるDEROLLの箱展の作品「specimen of treasure」が出展されます。次はいつ見られるかわからない、もしかしたらもう二度と見られないかも知れない貴重な機会、ぜひともご覧を。
[PR]
by dezain1 | 2009-06-24 20:02 | Comments(0)
バーゼル
柳原照弘さんの補色の作品。
a0006081_18204056.jpg

すばらしい。補色関係にある細い棒が、構造的にも補い合っています。さらに補色であることによって、実体として認識されにくいんです。

5月は22日から大学が休講になりました。23日は家で留守番。24日は植物園へ行き、薔薇を見て、北大路の「グリルはせがわ」をお昼を食べました。夜は会田が来ました。25日はリボンのパッケージ試作などを。

26日は10:30ぐらい着の新幹線で東京。山崎さんに習い、バスで東京都現代美術館へ行き(確かに楽です)、池田亮司展を見ました。バスで東京駅に戻り、ラーメンを食べ、山手線で日暮里。SCAI THE BATHHOUSEで永山さんに久保田さんをご紹介いただく。久保田さんもイデー関連の仕事をされていたときがあるとのこと。いろんな仕事をしますが、どこに行っても、イデー出身者やイデーの仕事をしたことがある方に出会います。いろいろやってても、ぜんぶイデーにいたときの人的つながりとその延長の中でしかないというような気がしてきます。

その後、根津駅まで歩いて、地下鉄で広尾へ行き、しばらく歩いて、SIGNの「倉俣史朗 ~ 初期の住宅 ~」展へ。これは柳本さんのブログで見つけました。そして、ずーっと歩いて白金台を目指すも、途中で時間がなくなり、タクシーに乗りました。ミナ ペルホネンにて、method山田さん(元イデー)などと、リボンの販売とパッケージの件を打合せ。明日より伊勢丹新宿店で行われます、ミナ ペルホネンのフェア「雨のウチ・ソト」にて、去年OZONEで発表したリボンの先行販売も行われます!

さらに、清水さんのオフィスにて、おいしい豚の角煮をいただきつつ、打合せ。これはもう、嬉しすぎるお知らせなのですが、昨年の「日本史」展で発表した鏡「井伊直弼(大)」がパリのGalerie Downtownの取り扱いとなりまして、来週のデザインマイアミ/バーゼルで発表されます。バーゼルに行かれる方、ぜひとも会場にお立ち寄りください。そして新幹線で京都。

27日はISOの内部監査の日。28日は予算関係の皮算用の日。29日はMUJIの角田陽太さんが来られて、特別講義とワークショップ。その後アロアロで飲み、先斗町で飲み。30日と31日は留守番で、村上春樹「1Q84」をどっぷり読みました。昨日は午後から大阪へ行き、柳原さんの事務所で打合せをし、大伸社さんで打合せをしました。今日は博士のゼミなど。
[PR]
by dezain1 | 2009-06-02 19:15 | Comments(2)




Copyright © 1997-2011 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム